8月23日(火)見学会開催。毎月開催しています。ご見学希望の方は、個別にご案内しますのでご予約ください。

東京里山墓苑の特徴

心地よい空間設計

東京里山墓苑の樹木葬は、一つひとつが四季を想定したランドスケープデザイン。
四季や人生の節目を重んじる日本人の琴線に触れる里山の景観。ここを訪れる方々に心よりその風景を慈しんでいただけるように、それぞれのスタイルで散策できる設計を施し、そこかしこから安らぎを感じる心地よい空間に設えました。

会員制のお墓

東京里山墓苑では、地域一帯の里山保全(延寿院敷地内の墓地認可区画・樹木葬エリア含む)を目的とした会員制のシステムを採用しております。
会員の皆様には、年間5000円の会費をいただき里山の情報やイベント情報などを配信して参加型の魅力的な組織運営を営みます。

森の募金箱

森の募金箱は、東京里山墓苑の樹木葬エリアだけでなく地域一帯の保全のためのソーシャルマーケティング。里山の保全には、人と自然が共生する仕組みづくりが不可欠でした。収益の10%を環境保全活動等の寄付にあてます。

循環型自然供養

東京里山墓苑の供養は、自然と一連なりの地球にやさしい循環型スタイル。
大地に還るまでのプロセスにおいても、細部にこだわり自然の手触りや資源の有効活用を意識して、自然の摂理を尊ぶ供養のスタイルを確立しました。間伐材の活用など積極的な取り組みを通じて循環型社会を促進します。

心の故郷

東京里山墓苑の樹木葬は、日本人に共通する特別な意識(お盆=墓参り)がキーワード。
「ここに来ると穏やかな気持ちになる」という心の故郷を作るために、桜や季節の花々を愛でる楽しみや子供たちが里山の自然に触れる体験など、それぞれの訪れる魅力の創出を開放感あふれる環境で整えます。

タイトルとURLをコピーしました